« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年1月19日 (日)

H26年も宜しくお願いします

(横浜・大桟橋通りにて)
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

 さて、今年のお正月休みは例年より長く、特に予定も無いので、またしても東京に行きました。とは言っても、初売りに行くわけでもなく、予定していた映画は満席で入れず、毎度のことながらの行き当たりバッタリの旅でした。
 最近のトレンドは「下町探訪」。一日目は、浅草へ。遠野の雪と、正月の来客のため出発が遅れたので、ショートカットだったけど、浅草寺にお詣りして、浅草演芸ホールで初笑い。前回の来た時に目を付けた居酒屋で、アサヒビールとトーキョーの味を堪能しました。

 2日目は、本郷と根津に行ったけど、当然といえば当然だけど、どこも休み〜(^-^;;;
 有楽町の火事で混乱していると思いきや、有楽町マリオン以外は平常だった銀座へ。アップルストアを尻目に、目指すは東銀座の昭和なカフェ、喫茶「YOU」へ。そのメニューはもちろん、店内の雰囲気(お客さんの層や会話込みで)、ホール係さんの対応も、「そうそう、こういうお店に来たかったのよ!」というお店。

 ちょっとお買い物して腹ごなしをした後は、これまた老舗のカフェ、「パウリスタ」へ。さっき食べたばかりだというのに、ここはやはり期間限定の「タルト・タタン アイス添え」をチョイス!! 至福〜〜(^-^)/

   もともと街歩きは好きでしたが、最近はその町の歴史や、その町らしさを探すのが気に入っています。だから、ナウな都会よりも下町に興味がありますね。その町らしさというのは、老舗のお店やそこを訪れるお客さんが作り出しているし、風景にもなっています。でも、老舗だけがいいというわけではなくて、若い人がやっているお店でも、その人が思う「この町らしさ」を体現しているお店を見つけると嬉しくなります。  そうして色んなメジャーな街を歩いていて思うのは、地元・遠野や盛岡のこと。盛岡は割と、「自分たちがこの街を作っている」という意識があると思うけど(チェーン店の侵食は著しいけど…)、遠野はどうだ?遠野らしさってなんだ? そもそも、外の人が思う「遠野らしさ」と、住んでる人との乖離はないか? 私が考えてもしょうがないことを、ポロポロと考えてみたりした、お正月休みだったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »