2009年4月24日 (金)

旅の後の大仕事は?

H2104mousou 今朝は、朝から大忙しのお義母さん&お義父さん。
 実は、益子・福島旅行から沢山のお土産をもって帰って来たのですが、中でも大物は孟宗竹の山! 益子で二人を出迎えてくれたKさんが、前の日に山に入って掘って来てくれたものだとか。
 昨日の夜遅くに着いたというのに、今朝はもう、竹の子の処理にかかってます。お義父さんが皮を剥いている間に、お義母さんがたっぷりのお湯を湧かします。ちょうど今、向かいの無人精米機で米を搗いてきたという叔父さんから米糠をお湯に入れて、そこに竹を入れて煮るのです。
「どのくらい煮ればいいんですか?」と聞くと、
「竹串を刺して、通ればいいのよ」と義母。見ていると、20分くらいで煮上げてたけど、本で見た所要時間は「1時間くらい」とあった。…やっぱ、竃だからかな?
 冷ました竹の子を今年は塩漬けにすることにしました。そのレシピもKさん直伝。豆腐のおからと塩を、1:1の割合いでよく混ぜて、漬け物樽で漬ける。 初めてのチャレンジなので、出来上がりが楽しみです〜(^^)v

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

彼岸団子の餡子のメモ

小豆1升は15kgだから、ザラメは1.5kgで、塩は15g。
それぞれ、10%、1%の配合でOK。

以上、「今年の彼岸団子は『砂糖屋と塩屋の前を通り過ぎてきたのか?』って言われたから、お菓子屋のハルちゃんから聞いてみたの~」と言っていた母から聞いたレシピを、忘れないうちにメモっておきます。

「じゃあ、今まではどんな基準で味付けしてたんですか?」と聞くと、
「最後にお父さんにみてもらってたの。ほら、餡子があったかいうちは、甘みってわからないじゃない?」
ナルホド…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月25日 (月)

タマネギの行方

さて、先日作ったタマネギのピクルスはどうなったのでしょうか? リンゴ酢で作った方は、いい飴色になってきてそろそろ食べ頃です。ピーマン+穀物酢の方は色はまだ白に近いのに、ちょっと食べてみたら辛〜〜〜〜い! でも、美味しい〜! で満足♪
 今日の晩ご飯はお義母さんの担当で「米ナス揚げ煮びたし」。
大迫の産直から買って来た「ミニ米なす」を厚めの輪切りにして素揚げにします。次に、小エビ(生)に片栗で衣をつけて揚げます。ナスとエビを温めたそばつゆに入れて、さっと煮ます。スープにトロみが移った頃、器に盛って、みじん切りにしたタマネギのピクルスを山盛りにしていただきます。
 タマネギ無しでも美味しいですが、薬味替わりに使うとグッと夏メニューに。オススメです!
 明日の午後あたりから台風の影響が出そうです。明日は朝から現場に出ますが、ほとんど養生だけで終わってしまいそうです。そして私と旦那は、台風ど真ん中の東京です。トホホホ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)