2015年12月23日 (水)

沼田三次郎作品のアウトレット・セールが終了

Arigatou

 当社の移転時から開催していました、当社創業者・沼田三次郎作品のアウトレットセールですが、本日をもちまして終了させていただきます。
いただいた代金は全額、盛岡で動物救済活動をしている「プチポンもりおか」に寄附させていただきます。ご購入いただいた皆様、ありがとうございました。
 実は、沼田三次郎は自分の作品を売ることはしなかったそうです(鬼瓦を除く)。
「売ると、それに適当に価値を付けて転売する奴がいる」と、話していたらしいです。そこで最初は、希望者に無料で差し上げようかとも思いましたが、それでは無責任に扱われることを懸念して、いくらかのお金をいただくことにしました。未完成品であることを判っていても、三次郎の作品に愛着がある方、作品に癒しを感じていただいた方、寄附することに同意された方であれば、大切にして下さるだろうと思ったからです。

Hurima

 写真は、8月に駅前で開催されたアート&フリーマーケット(主催:ねまるべ遠野)に参加した時のものです。この時にお買い上げいただいた皆様との会話が忘れられません。
「三次郎さんのだべ? 三次郎さんのなら欲しい」と、遠野の皆様が20年以上に前に無くなった祖父を、憶えていて親しみを感じて居てくれることが驚きでした。
 横浜から来たという小学生が、「仏像が好きなんだ!」と言って、おじいちゃんにお願いしていくつも購入してくれたのは楽しかったですね。

Office_mae

 事務所の前にも並べていました。最初に購入いただいたのは遠野八幡宮さんでした。いくつもご購入いただいて、八幡宮境内に点在させて下さっているようです。八幡宮にお寄りの際は、宝探しのように探してみて下さい。
 その後は、通り掛かりの近所の方が次々と購入されて、中には、「隣りの人から聞いた」「何度も見ていてやっと決めた」という方が訪れてくれました。

Rokuro

 ロクロは、実は当社オリジナルでした。鬼瓦を細工する時に職人使うために、作ったものだそうです。これは、盛岡で陶芸を営んでいる方(人気作家さん!)、遠野で小さな大工仕事を請け負っている方たちが購入してくれました。

 なお、ロクロはあと2台、レンガのアウトレットセールは継続しておりますので、こちらも宜しくお願いします。

あらためて、ご協力ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

アート@つちざわ2011

アート@つちざわ行った?」
  横浜在住・さすらいの現代アートハンターの兄からメールが来たこともあり、日曜の午後から遠出する気にもなれず、最終ゴールを花巻温泉に定めて、時折激しい雨が降るなか、行って参りました「アート@つちざわ 2011」。
 そう、今回の最大の目標は「原口典之 F4ファントム」なのです。原口典之に対しての知識ゼロの私は、ネット探索して過去の「F4」の展示や評価に目を通してからこの作品に臨みました。
 メイン会場から遥かに離れた会場に(徒歩はオススメできません)、それは置かれてありました。置かれてあるというか、それはそこであるべくしてある!という風情を醸し出してます。

Dsc_0083

Dsc_0082

 しかも、どういうわけか、車庫のガラスが外側から割れてガラスが散乱しているに至っては、「これも演出なの?」と思ってしまいました。

F4_2

F4_3

 原口典之。もう少しおっかけてみたい作家に出合いました。
 ※組立風景

 さて、メインステージの商店街に戻って来ると、うっかりすると見逃してしまうほど、そこココにナチュラルに作品が展示されています。

Tutizawa_2

 今は使用されていない事務所の休憩室。作品よりも、人が居なくなって久しいらしく、朽ちたロッカーや畳や黒板に残された、従業員や組織の気配や熱気を感じ、そちらの方に関心が向いてしまいました。それも含めての展示会なのでしょうね。

Dsc_0085

 仏間の仏壇とアートのコラボレーション。

Tutizawa_1

 これは作品なの?それとも本当なの?? すでにわからない・・・(^_^;; ※携帯番号を消してあります

Tutizawa_3

 お昼を食べに入った食堂まつばさんで、手にした岩手日報の「風土計」では、ちょうどこの「アート@つちざわ・まちかど美術館」について触れていました。その中での学芸員の平澤さんの言葉が印象的でしたので、引用させていただきます。

『事務局として関わる萬鉄五郎記念美術館の平沢広学芸員は「アートの名の下であれば、その『いいかげんさ』を生かして試行ができる」と説く。復興にはどうか。「例えば、バラックでも造って100メートルの通りにすれば、疑似体験の街ができるのでは」
行政施策では難しくても、アートでなら実験は可能だ。もちろん、復興後の街づくりにも、アートは魅力を加えるだろう。』
岩手日報WEB

 会期は11月6日(日)まで。時間が許せばもう一度足を運んでみたいな、と思っています。

Tutu






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

盛岡・紺屋町を満喫した日

Hirakuri_cup
 震災以降、なかなか心安らぐ日が無かったのですが、先日久しぶりに盛岡の休日を満喫してきました。ちょうど「紺屋町アンティーク市」が開催されていたので、久しぶりにゆっくり紺屋町を歩いてみました。
 今回の一番の収穫は、写真の2点。フランス焼き菓子「ラトリエ ルートブルーエ」のスコーンと、平栗窯のカップ。
 「ルートブルーエ」は、SNS上で話題になっていたのを見ていて、『いつか食べてみたい!』と思っていたので、大感激。スコーンの他に、タルト、マドレーヌ、クッキーなどなどを買い込んできましたが、何をいただいても美味しい〜! 
 平栗窯のカップは、野の花美術館隣の、ミニコミ誌「てくり」プロデュースのお店「ひめくり」で購入。実は平栗窯・関口さん夫婦には、粘土でお世話になっているのです。なので、どんな作品を作られるのか興味があったのですが、なにかで「ひめくり」で扱っている事を知って、これまた念願叶って購入させていただきました。見た目よりも軽い、つや消しの釉薬の口あたりが優しいカップは、お茶はもちろん、珈琲にも合います。いまでは事務所の私の机の上が定位置になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月30日 (火)

ガーナのカゴは踊る?

Photo ある日、お世話になっている保険代理店さんからメールが届きました。添付ファイルがあるので、「保険の見積もり?」と思いつつ開けてみると…上の写真でした。
「いや〜、もしかしたら好きじゃないかと思って(^^;;」と、保険屋Fさん。確かに私は、こういうエスニックな工芸品は基本的に好きだし、カゴ物も大好き〜! …でも、それとFさんはどういう関係が? そして私にこれを売ってくれるの??
 お話はこういうコトでした。Fさんの同僚で、かつて福祉関係のお仕事をしていたEさん(女性&美人♪)の友人が、ガーナから輸入販売しているもの。オバマ大統領夫人が、愛用している事で話題にもなっている商品にも関わらず、販売ルートが無いので、産直やイベントでゲリラ的に売ってるのだというお話でした。
「フォルムも可愛いし、色も独特でステキ! 取り扱いたいお店はいくらでもあるのでは?」と、Eさんに尋ねると、
「そうなんですよ〜! でも、商品の安定供給を約束出来ないし、まだまだ商品の品質が安定してないし…」と、タメイキ。Eさんの友人は、青年海外協力隊からガーナに渡り、ガーナがすっかり気に入ってしまい、「この国の人たちの為になにかしたい!」と、青年海外協力隊を離れた後もガーナに残って、輸出用商品の製作指導・販売を手掛けているそう。
 たとえば、上の写真の奥の底が平らな四角のカゴは、日本用のデザイン。ガーナは基本が頭の上に載せるので、底は丸くていいんですって。ナルホド。
「実は一番大変なのが、踊らせないことなんですって!」
 カゴをみんなで編んでいるときに一人が何気なくリズムをとりだすと、それが徐々に全員のリズムに成って、気が付くと踊りだしてしまうのだとか~! それをストップさせて、手を動かせることが最大の苦労とは、さすがアフリカの女性たち。
 というわけで、私のもとにはまだ1個も届いてません…(^^;; いつかは海を渡って届けられるのを、気長に楽しみに待つことにしましょう。そのうち彼女らのダンスも終わるでしょうから…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

ファブリックでプチ・リフォーム Part.2

7月の「カーテンでプチ・リフォームなるか?」に続く第2弾は、「クッション de プチ・リフォーム」です。今回もお世話になったのは、盛岡市菜園のフォーライフ様でした。
 上の写真はクッショッンカバーだけを替えてみた時。ポイントは、(1)カーテンのカラーに揃えたこと (2)ソファカバーのザクっとした質感に替えて、ベルベットぽい光沢と肌触りで高級感をプラス (3)3個同生地ではなく、1個はドット柄にしてリズム感を演出してみました。

Dscf0708

 そして下の写真は、背もたれのカバーも着せ替えしたトコ。ザクっとした質感はそのままに色を明るくしてみました。そして、クッションの紫色と座面のブルーグレイ、そして壁のブラウンの中での調和を考えると、ちょっと難しかったですね〜

Dscf0716

 これから冬に向かって家の中で過ごす時間が長くなるし、昼間でも家の隅が暗い時間が増えますよね。そこで今回のプチ・リフォームみたいに、リビングの比重を占める家具のカラーを替えるだけで、家の中を明るくすることが出来るのって、スゴイし楽しい〜! 無個性のソファでも、自分の家のインテリアに合わせてカバーを替える事で、リビングの主役級になることも可能ですしね。ファブリック・コレクターとしては、季節の合わせてクッションカバーを替えたくなってしまってます!母ゴメン〜(^^;; ※クッションカバーは母に縫ってもらいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

野焼きの風景

 遅くなりました〜! 8月24日に行われた「野焼き」の報告です。

220824noyaki 4月から7月まで、遠野市主催の生涯学習に参加したことは以前も書きましたが、6月は陶芸教室でした。今回の野焼きは、その時作った作品を焼くのです。

220824fire

220824noyaki_up この日もとんでもなく暑い日で、そこで火を焚くのですから灼熱地獄! 首にタオルは当たり前! 出来れば、顔も覆ってしまいたいくらいの暑さの中、2~3mもある材木を積んでいくのですから重労働です。だけど、頑張るぞ〜!
 …と思っていたのですが、予定が変わって終日お客様が来る事になってしまい、結局、積むのを1回だけお手伝いしただけ…。かけ声倒れで申し訳ない。次回こそは、しっかり頑張ります〜
 それにしても、出来上がりを見れる日が楽しみなような、怖いような…



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

井筒さん@縄文焼き

2106izutu1
縄文野焼き作家の井筒さんの個展に行ってきました。

 井筒さんの作品は、このブログでも何度かご紹介してますが、個展におじゃまするのは久しぶりでした。今回は「遠野 風の丘」で、6月1日~15日まで開催中です。
 いつも粘土を購入していただいている井筒さんですが、作品を前にゆっくりお話を聞いたのは、久しぶりかもしれないです。
「縄文にこだわる人は多いけど、『この文様は○○期のだとか、この形は○○式だとかいう人が居るけど、私はそういうことよりも、なにに使ったんだろう?とか、そういうことに興味があるの」
「たとえばこの片口型だって、水を注ぐのに使うには浅すぎる。この模様だって、単にスベリ止めだったかも?て思うんだ。だって、縄文人はそんな面倒なことは考えなかったと思うのよ」
 ナルホド、○○式とかって名前は現代の人が考えたことで、縄文の人がなにを思ってこの模様・形にしたのかは、意外と必要に迫られてのことだったかもしれない。そう思うと、縄文が急に身近に感じられるから不思議。

2106izutu2 ところで、ひとつ取り置きをお願いしてしまいました~(^-~)。写真ではうまく色が出なかったのですが、印象的な赤の花器です。
「実は、これは嫁っこさんのところの粘土100%で作ってみたんだ!」
 色もですが、ナイフの彫り跡がススキに見えて、全体的につけられた細かい縄の模様がサザナミの様。
「当たり前だけど、色も焼きムラも偶然の産物だから、『これと同じで小ぶりの』とか言われるけど、同じのは無理だもんネ」
 だからこそ、野焼きは面白いんですよね!

2106izutu3

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

遠野の春を彩る展示会

「3人で手作り創作品のハーモニーを奏でることになりました。是非見に来てください」
というお葉書をいただいたので、久しぶりに「遠野 風の丘」に足を向けてみました。
今回の展示は、「縄文野焼き」(井筒さん)、「繭玉人形」(釼吉さん)、「ねんど人形」(井出さん)と、三人三様の手仕事を楽しむことが出来ます。

Idutu 野焼きの井筒さんは、うちの「野焼き粘土」を使っていただいてます。「野焼き」とはいえがイベントのイメージがありますが、ご自宅に常設の野焼き窯を持っている本格派。今までも何度か作品展を見せていただいたり作品も持ってますが、粘土にEM菌を練りこんでいることは知ったのは、今日がはじめてでした~! 次回お会いしたときには、その辺のことをお聞きしなくちゃ~

 案内のお葉書は、井出さんからいただきました。葉書を見たときは、「ねんど人形? もしかしてアレかな?」と心当たりはあったものの、井出さんがそういう作品を作っていることは、今回初めて知りました~(^^) そして、思ったとおりでした! 笹村さんのレジ横の赤カッパ、井出さんの作品だったんですね~!? とにかくカッパたちがカワイイ!! 表情や身体の動きが柔らかくて、見ているこっちまで微笑んでしまいそう~ 小道具や小物たちも丁寧に作られていて、その完成度の高さには感心してしまいました(^0^) Akakappa1Akakappa2  
「今年は、今までより集中して作品作りに打ち込みたい」とか。頑張って下さい! また新たな作品が生まれるのを楽しみにしていますヨ♪

 すみません。釼吉さんの作品の写真を撮るのを忘れてしまいました…。「繭玉人形」といえば、私的には『ざ・伝統工芸』という先入観があるのですが(^^;;、とにかくカラフルで楽しくて、とってもポップ! 繭で出来ていることを忘れそう。でも、繭のカワイイ丸さを上手く生かしているということなのかな?
 一見共通点が無さそうな3人だけど、よく見ると、フォルムの柔らかさが共通しているような。それって、お三方の人柄が出ているのかも知れませんね!

■ 4月1日~15日 9時~17時まで(最終日16時)
  道の駅「風の丘」エントランスホール にて

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

県立美術館のワークショップに乱入!?

201130poster
 11月29・30日の2日間、岩手県立美術館にて、東京都内で土を採取して作陶しているという林信弘先生を講師に、「土から知る陶芸 ワークショップ」が開催されました。このワークショップは、常設特別展「加守田章二の陶芸」の関連イベントということもあり、当社の粘土も使用して頂きました。
 実は、この環境にありながら作陶経験が殆ど無いワタクシ。常日頃から『これはヤバイ!』と思っていた事も有り、「土から知る」というテーマにも強くひかれたので、イソイソと参加応募ハガキを出しましたが、応募多数(3倍の難関!)のため敢えなく落選(T_T) それでも、林先生のお話をちょっとでも聞いてみたくて、日曜の朝突然、セミナー会場に顔を出してしまいました(><;; 
 突然の乱入にも関わらず、林先生をはじめ皆様が快く迎えて下さって、とても貴重な濃い時間を過ごす事が出来ました。特に、林先生の出会いは本当に貴重な体験になったと思います。それにしても、もっと早く決断して、先生のお話を最初から聞きたかったナ〜と、今でも悔やまれます〜〜(TT)
 出会いと言えば、大学の先輩との再会もあり現役学生との出会いも有り、陶芸とは全然関係ない所で会っていた人との再会があり、「土が結んでくれる縁」を感じた一日でした。

「どんな土を使うかは陶芸ではアタリマエのことだがナ、加守田さんはナ、土を生かす事を真剣に考えてた人だった。俺たちなら除けてしまう礫も、それを生かして美しく見せる事にこだわったんダ」
とは、さっき鍋をつつきながらのお義父さんの談。そうか、そうなんだよね。林先生も、「粘土を掘る所の横で住めたら、それは幸せなことだ」とおっしゃってたっけ。
 「加守田章二の陶芸」といえば、緻密な彩色や特異なフォルムに目が奪われがちだけど、次に県美に行った時は、その土肌に注目ですね。


■ 常設第3期展示
 2008年10月25日[土]−2009年1月18日[日]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

6月はイベントの季節?

 どういうわけだか、6月になってから友人・知人からイベント&展示会へのお誘いを色々いただいています。すでに終わってしまったものもありますが、まだ間に合うものをご紹介します。(開催順)

「佐藤一枝展〜浸蝕〜 インスタレーションとドローイング」
6月25日(水)〜7月6日(日)
会場◎湯本美術館(花巻市大畑)
時間◎AM10時〜PM5時
※6月30日・7月1日は休館
 岩手大学特美課の彫塑出身で、現在は高校で美術を教えながら精力的に作家活動もしている彼女。もしかして岩手での個展は久しぶり? 会期が2週間だから、行けるかも。

「陶・三彩 金沢英徳/大沼道行/菊池啓二」
6月26日(木)〜6月29日(日)
会場◎南昌荘(盛岡市清水町)
時間◎AM10時〜PM5時(最終日PM4時まで)
入園料◎200円
 紫波町で作陶している金沢さんも特美の出身。同窓会で何度か会ってはいるけれど、作品をちゃんと見た事は無いので、見に行きたいな〜(><)

「鎌田幹子 写真インスタレーション展 徴(しるし)」
7月8日(火)〜7月20日(日)
会場◎TOKI Art Space(東京都・外苑前駅)
時間AM11時30分〜PM7時
※8日から12日まで、段階的に作品制作と会場作成をし、13日以降は常設展示となります。
 あ、今頃気付いた! 今回の3人はみんな特美出身の同じ歳じゃない!?(学年は別)
一昨年の「東和町アート@土沢」にも参加。あの時の、ダンサーとお天道様とのコラボは面白かった。今回は会場に泊まり込み?? 出来れば完成の1日前に行って、テンパってるところを見てみたい(^^)
あ〜〜〜、この機会に東京行こうかしら!? 最近、神奈川県民のなったらしいが、新居も見てみたいしネ

「遊牧民の手仕事 〜シルクロードの風、遠野に到る〜」
6月26日(木)〜6月29日(日)
会場◎オドロカドライヴイン(遠野市青笹)
時間AM11時〜PM6時
※「オドロカドライヴイン開店一周年記念協賛セール」で30〜50%OFF
 アーチコレクションの美濃さんが、遠野まで絨毯コレクションを背負って遠野までやってきます!! 東京都出身で、なぜか岩手に定住してしまった彼は、タイ・チェンマイのインテリアバザール内にお店を持っていたという経歴の持ち主。展示販売される商品の全てが、美濃さん自身がアジアを歩いて収集した逸品ばかり。 そうです、企画は私です(- -;;;; …まだやらなきゃいけないことがいっぱい。間に合うのか???
Photo Photo_2


| | コメント (1) | トラックバック (0)