2014年5月21日 (水)

「深海のアトム」感想

 3月末に購入して、なんとGWまでかかってやっと読了しました、服部真澄・著「深海のアトム」。こんなに時間が掛かったのは、480ページのうえに、二段組!! こんなに厚いのにハードカバーじゃないのは、これ以上重くしない方がいいという、出版社の判断だったのでしょうか?(正解!) …もちろん、私が読むのが遅いというのが、一番の理由ですが。
 さて、服部真澄という作家はご存知でしょうか? 以外と知られていないのですが、TVドラマになった作品もある、そこそこ人気がある女性作家なのです。そういう私も、2005年にある切っ掛けがあって出会うまでは全く知らなかったのですが…。できれば、その「きっかけ」についても読んでいただきたいのですが(※上のアンダーライン部を参照)、彼女の視点はいつも、『新しいシステムやテクノロジーは何の為に産まれて、人類を幸せに出来るのか?』 だと私は思っています。そしてその為の、丹念な取材には毎回感心させられます。
 そんな彼女が、東日本大震災に題材をえて、なにを書くのか興味がありながらも、正直ちょっと心配でした。なぜなら、雨後の筍のように震災を取り上げた書籍が出ているなか、直接経験したり関わっている人じゃないと、書く資格は無いと、なんとなく思ってしまっていたから。それでも手にとったのは、服部真澄の現場を深く知ろうとする気持ちを信じたから、かもしれません。

 「深海のアトム」の主な舞台、震災に見舞われる地は、「リアス・エリア」という架空の地域。時代も、現代よりも少しだけ未来らしい。そのため「近未来小説」や、「ファンタジー」という言われ方もしているようですが、そこで描かれている東北沿岸地域の「事情」、特に漁業の衰退と原発誘致の流れなどは、決してファンタジーではないリアルさで迫ってきます。
 マグロが獲れなくなった町と、そこに流れ込んできた原発マネー。荒廃する漁村と、世界有数の豊かな漁場を守ろうとする人々。
 作者が描きたかったのは「震災」ではなくて、地震・津波・被爆と二重三重の災難が襲った地は、ただでさえ複雑な「事情」を抱えていたのだということ、そしてそれは、この東北地方沿岸部に限らず、原発マネーに頼らざるを得なかった地すべてに共通する「事情」で、その根を絶たなければ同様の悲劇が繰り返されるのだと訴えています。

 ちょうど今日、大飯原発の再稼働差し止めの判決がでました。「深海のアトム」でも、当然原発事故が描かれているのですが、ここでの原発は老朽化して停止済みの、廃炉準備に入っている原発でした。これは、原発は停止していても決して安全ではないということと、廃炉の難しさを訴えたかったのではないでしょうか。
 この作品の中で日本は、全ての原発を廃炉することを決定するのだけど、これを指して「ファンタジー」だということの無い未来が待ってますように。願わずにはいられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

ブラン・カフェで本について語る

220620blanc

 盛岡で休日を過ごした日は、早めの夕食を映画館通りの「ブラン・カフェ」 でとることが多くて、今日も映画の後に足を運びました。客席はカウンターのみで、間口が狭く隠れ家的だけど、初めてでも入りやすいお店だと思います。ダンナは「シーチキンクリームスパゲッティ」を、私は「ロコモコ丼」に唐揚げトッピングをオーダー。さっき観た映画「アウトレイジ」(監督:北野武)のこと、さわや書店で買った「これからの『正義』の話をしよう」のことを話しながら、オープンキッチンで料理が手早く作られるのを見ているのは、ちょっと幸せな時間なのです。ブラン・カフェのメニューは、いわゆるワンプレートメニューが中心で、本格手作りではないけれど、あたたかい物はきっちり熱く、手早く、センスがいいのがお気に入り。スタッフは学生が中心で、センスが良くイマドキの学生なんだけど、仕事はきっちりやるのも見ていて気持ちが良い。
 テーブルの上には、ショップフラーヤーやフリーペーパーが置かれていて、本や雑誌も少し置いているなかに、ダンナが文庫本を見つけました。それは「ショートショートの広場 星新一・編」。
「この中にある『海』というのがいいんだよ」と、ダンナ。その本を初めて手にした私は、この本が公募選集であることなどをダンナから教えてもらっていると、
「その本、おもしろいですよね」と、カウンターの内側から女の子が声を掛けて来ました。意外な展開に軽く驚いたけれどそこは大人、「これ、貴女の本なの?」とダンナが返したところから話が始まりました。この本をきっかけにショートショートの面白さに気が付いたこと、まだ星新一は読んでいないこと、ナドナド…。こちらからは、オバサン(私のこと…)は星新一を小学生の時に読んで影響されたこと、カフェにこういう本があることが嬉しいことなどを、大人面して話してみました。
 彼女にしてみれば、自分の親と同世代の客と話をすることって、やっぱり緊張することだったようで、その緊張感も含めて、若い人と本について語るというのは、なんとも心地良い刺激でした。遠野でもいろんな出合いはあるけれど、こういう出合いは学生の居る街ならでは。ああ〜やっぱり盛岡っていいナ〜、なんて里ゴコロが付いてしまった、梅雨時の夕暮れなのでした(^^;;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

映画「ワルキューレ(Valkyrie) 」を観てきました

※今回は、遠野ライフとは全く無関係なテーマで、ほとんど、友人知人たち向きへのレポートです。あしからず。
 公開早々、待ちに待った「ワルキューレ」を観てきました! 私としては、あの事件をヴィジュアル化してくれるだけで満足だったのですが、期待以上でした。
 それでも当初は、「シュタウフンベルク大佐がトム・クルーズ!?」ちょっとそれはヴィジュアル的にはOKだけど、あまりにもハリウッド的で正直言って抵抗がありました(実際、ドイツからの反発は大きかったらしい)。でも、大丈夫でした〜。全体的に押さえた演技で、良かったのではないでしょうか。
 とにかく120分はあっという間、と言うか、このテーマで120分は短すぎでしょう? そのため予備知識が全くない人にはちょっと難しい内容かも知れない。当時の戦況とか、ヒトラーの恐怖政治がドイツ国民の心にどこまで食い込んでいたのかとか、この前にもいくつもの暗殺未遂があったとか、ストーリーの隙間隙間に語っているのだけれど、ちょっと判りずらいかな? それともう一つ、ヒムラー、ゲッペルス、ゲーリング等の人物や、SS隊が何屋さんなのかの説明が無いので、判らない人は映画パンフを読んでから観る事をおすすめします。
 歴史的な事実の理解はともかくとして、常に「敵か味方か」「右か左か」「自分ならどうする?」を突きつけられる、そして同時に「あの時もしこうしていたら?」「もし、彼がこうしていたら?」と、「if」の文字が頭を駆け巡る、見応えある作品になっています。なにより、この事件を知らなかった人が、これをきっかけに興味を持ってくれることに期待したいです。(私はドイツ人か…)
 そして腐女子(←Macでこの変換は普通なのね(^^;;)のアナタ! これは見逃せませんよ〜(^0^)  ちなみに私は、DVDを買ってしまうかもしれません#^^#

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

あなたの脳はフリーズしてません?

 私は数年前から「今、フリーズした…??」と思う事しばしば。その度に「もう惚け始まってるの〜」と、冷汗かいてました。それから最近は、一定の単語が出て来なかったり…。 実は昔から、脳に関する本が好きで色々読んでいただけに、「これはヤバイんじゃないの〜〜〜!」と焦っていました。
 そしてこの年末に、ふと目に留まって思わず買ってしまった本がコレ。「ああそうだったのか〜!!」と、思わず唸ってしまいました。年末この本に出会って、2008年の生活を改めることが出来そうです。
 常にPCの前にいる貴女! Googleの無い生活が考えられないアナタ! 1日に歩く料が少ない貴方も! この正月休みに読んでみることをオススメします(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)